おススメ!WordPressプラグイン【Meta Slider】

geralt / Pixabay

geralt / Pixabay

プラグイン一つで複数のスライドショーを作成できる

プラグインのご紹介です。

 

jQueryのスライダーを盛り込んだ人気のプラグインです。

 

 

Meta Slider

機能が限定された無料版ではありますが、

スライドショーの幅や速度を細かく簡単に管理画面から

設定でき、またスライドごとにURLを設定出来ます。

 

jQueryを利用した4種類のスライダー機能が利用可能。

 

Nivo Slider : レスポンシブ, 16個の表示効果, 4つのテーマ

Coin Slider : 4個の表示効果

Flex Slider : レスポンシブ対応, 2表示効果, カルーセルモードあり

Responsive Slides : レスポンシブ対応, フェード効果

 

 

インストール方法

WordPress管理画面 ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒

【Meta Slider】で検索

 

Meta Slider01

いますぐインストールをクリック。

 

 

Meta Slider02

プラグインを有効化をクリック。

 

 

設定方法

WordPress管理画面 ⇒ Meta Slider

 

Meta Slider03

Meta Sliderをクリック。

 

 

Meta Slider04

「+」をクリックし、新しいスライドを作成します。

 

 

管理画面設定方法

 

Meta Slider05

スライドを追加をクリックし、スライドショーに設定する

写真を追加します。

 

 

Meta Slider06

ファイルをアップロードかメディアライブラリーから選択して下さい。

画像を選択後、スライダーに追加をクリック。

 

 

Meta Slider07

追加した画像にURLとキャンプションを入力。

 

スライドショーの画像の設定が終了したら、右のメニューで

スライドの表示の設定をしましょう。

 

効果をプルダウンして表示スタイルを選択したり、テーマなども

変更可能です。

 

 

Meta Slider08

「保存してプレビュー」をクリックすれば、プレビューで

どんな感じか確認できますので、色々と試してみて下さい。

 

 

 

Meta Slider09

プレビューは「✕」で閉じることが出来ます。

 

 

 

Meta Slider10

スライダーを表示させる指定のショートコードは記事本文に

記述します。

 

PHPコードは、直接テンプレートに記述する場合に使用します。

管理画面の設定項目の中には、選択項目がグレーで

選択出来ない物もありますが、それは、このプラグインが

無料版なので提供されていない機能です。

 

有料版を購入すればその機能は、ご利用可能です。

 

 

Meta Slider11

先程、設定したスライダーとは、別のスライドを追加する事も

出来ます。新規スライダーの横にある「+」をクリック。

後は、先程と同じく設定して戴ければOKです。

 

 

Meta Slider12

なお、この【新規スライダー】と言うタイトルをクリックすると

名称を変更する事が出来ます。

 

最後に

テンプレートに埋め込むだけではなくて、

記事単位でもスライドショーを埋め込む事が出来るので

表現の幅を広げることが出来ると感じています。

 

簡単にスライドショーを設定したいと思っている方は、

是非試してみて下さい。

 

最後までありがとうございました。

 

ヒロ

コメントを残す

サブコンテンツ

ヒロのプロフィール!



2016年9月
サクセスアフィリ塾リーダー

大阪生まれ大阪育ちの会社員アフィリエイターです!

このブログでは、会社員をしながらアフィリエイトで安定して稼ぐ方法を解説しています!

詳しいプロフィールは
こちらからどうぞ!

このページの先頭へ