おススメ!WordPressプラグイン【Plugins Garbage Collector】

Bluesnap / Pixabay

Bluesnap / Pixabay

以前使用していたプラグインが残していったデータベース内の

不要なデータを削除出来るプラグインをご紹介致します。

 

 

Plugins Garbage Collector

WordPressのデータベース内には、以前使用していた

プラグインのデータが残っています。

 

 

プラグインの利用に伴い、以前使用していたプラグインの

残留データを手動により削除出来ます。

 

定期的にゴミ収集を行い、データベースを軽量化し

不要なパフォーマンスの低下を防いで下さい。

 

※テーブルを削除する際は、テーブルの名前を確認した上で

削除するようにして下さい。

緑色の文字で表示されるテーブルは、現在使用中の

プラグインデータです。バックアップをとるなどして行う事を

お勧めします。

 

インストール方法

WordPress管理画面 ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒

【Plugins Garbage Collector】で検索

 

Plugins Garbage Collector01

 

いますぐインストールをクリック。

 

 

Plugins Garbage Collector02

 

プラグインを有効化をクリック。

 

 

プラグイン使用方法

WordPress管理画面 ⇒ ツール ⇒

【 Plugins Garbage Collector】

 

 

Plugins Garbage Collector03

 

【Plugins Garbage Collector】では、

スキャンして使用していないテーブルなどを表示します。

 

削除するテーブルを選択して削除するのですが、

テーブル操作は慎重にして下さい。

 

【Plugins Garbage Collector】をクリック。

 

 

Plugins Garbage Collector04

 

【スキャンする】をクリックする。

 

 

Plugins Garbage Collector05

 

スキャンを実行すると関連のテーブルが一覧表示されます。

不要と思われるデータが赤文字で表示されますので、

チェックを入れて画面の下にある【Delete Tables】を

クリックして削除します。

 

※私の画像では、緑色の文字しかありませんが赤色の文字で

表示されたものが不要と思われるデータです。

くれぐれもテーブルの名前をよく確認した上で削除して下さい。

【要】バックアップ

 

 

定期的に不必要なデータは削除して戴いてデータベースの

軽量化によりパフォーマンスの向上に努めてみては

いかがでしょうか。

 

 

最後までありがとうございました。

 

ヒロ

コメントを残す

サブコンテンツ

ヒロのプロフィール!



2016年9月
サクセスアフィリ塾リーダー

大阪生まれ大阪育ちの会社員アフィリエイターです!

このブログでは、会社員をしながらアフィリエイトで安定して稼ぐ方法を解説しています!

詳しいプロフィールは
こちらからどうぞ!

タグクラウド

このページの先頭へ