おススメ!WordPressプラグイン【Search Meter】

FirmBee / Pixabay

FirmBee / Pixabay

本日、ご紹介致しますプラグインは、

WordPressのサイト内の検索結果を解析できる

【Search Meter】です。

 

 

Search Meter

このプラグインは、WordPressの検索ボックスで

どんなキーワードで検索されたかを記録・閲覧できる

機能を装備しています。

 

 

サイト閲覧者がどういう内容の記事に需要があるのかが

把握できるので、サイトのコンテンツ改善に

役立つのではないでしょうか。

 

 

解析項目

●全検索キーワード

 

●検索できた件数と検索できなかった件数

 

●検索できなかったキーワード

 

●検索できなかった数

 

※「昨日・今日」 「7日以内」 「30日以内」 3点に分けて解析する。

 

プラグインを有効化すれば、すぐにダッシュボードに表示されます。

 

 

インストール方法

WordPress管理画面 ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒

【Search Meter】で検索

 

 

Search Meter01

いますぐインストールをクリック。

OKをクリック。

 

 

Search Meter02

プラグインを有効化をクリック。

 

 

使用方法

※有効化した時点で計測が開始されますので、検索ボックスを

ウィジェット等に予め入れておいて下さい。

 

 

WordPress管理画面 ⇒ 設定 ⇒ Search Meter

 

 

Search Meter03

最後に【Save Changes】をクリック。

 

 

閲覧者が検索したキーワード

ダッシュボード ⇒ Search Meter

 

Search Meter04

 

 

 

それでは、試しに【アフィリエイト】 【SEOf対策】 【自動車】

で検索してみます。

 

Search Meter05

Searches : 検索数

Results : 該当記事数

 

赤枠は、検索されたキーワードが表示されています。

青枠は、【自動車】で該当記事が無いという事を表示しています。

 

【Last 100 Searches】 【Last 500 Searches】は、

過去100件、過去500件のキーワードが日付及び時間付きで

表示されます。

 

検索結果は、ウィジェットでサイト上に表示する事も可能

管理画面の【外観】 ⇒ 【ウィジェット】

 

【Recent Searches(最近のキーワード)】

【Popular Searches(人気のキーワード)】

以上のウィジェットがあります。

 

検索されたキーワードは、ハイパーリンクとなっていますので

閲覧者は、検索ページに飛べます。

 

 

検索キーワードや件数を簡単に調査出来るので、

関連した記事を書けばユーザーのニーズに答えることができ、

またマーケティングに役立つのではないでしょうか。

 

アクセスが少ない間は、導入しなくてもいいかもしれませんが

必ず必要となるプラグインですので今のうちに

是非、導入する事をおススメ致します。

 

 

最後までありがとうございました。

 

ヒロ

コメントを残す

サブコンテンツ

ヒロのプロフィール!



2016年9月
サクセスアフィリ塾リーダー

大阪生まれ大阪育ちの会社員アフィリエイターです!

このブログでは、会社員をしながらアフィリエイトで安定して稼ぐ方法を解説しています!

詳しいプロフィールは
こちらからどうぞ!

このページの先頭へ