おススメ!WordPressプラグイン【Table of Contents Plus】

stephen4 / Pixabay

 

今回、ご紹介するプラグインは

投稿や固定ページの記事にH1~H6までの見出しタグをもとに

目次を自動生成してくれるます。

 

読者様が記事の内容を一見して把握することができるという

優れものです。

 

ユーザビリティの向上、SEO的にも良いとされていますので

この機会に導入することをおススメいたします。

 

 

※見出しを階層的に使用していないと

目次がきちんと表示されないので注意が必要です。

 

インストール方法

WordPress管理画面 ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒

【Table of Contents Plus】で検索

 

Table of Contents Plus 01

今すぐインストールをクリックします。

 

 

Table of Contents Plus 02

有効化をクリックしてください。

 

 

使用方法

WordPress管理画面  ⇒ 設定 ⇒ TOC+

 

Table of Contents Plus 03

 

 

表示場所・表示条件・投稿タイプ・デザインなど

表示される目次を確認しながら設定してください。

 

 

Table of Contents Plus 04

Table of Contents Plus 05

【基本設定】

表示する場所:

目次の表示場所を選択する

 

表示条件:

見出しの数が何個以上なら目次を表示するのか

おススメは、2つ以上です。

 

以下のコンテンツタイプを自動挿入:

目次を表示させる記事の種類を設定します。

「post」固定記事、「page」投稿記事

 

見出しテキスト:

「目次の上にタイトルを表示」にチェックを入れることで

目次のタイトルを表示できます。

 

読者様が目次だと認識できますのでチェックを入れ

空欄に任意でタイトルを記入しておきましょう。

 

「ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可」

ここにチェックを入れると目次を開いたり閉じたり

することができます。

 

その下の「最初は目次を非表示」ですが

こちらにチェックを入れると最初から目次が閉じた状態に

なりますのでチェックを外しておいたほうが良いです。

 

階層表示:

目次の階層を表示させるか設定します。

目次を見やすくするためにチェックを入れておきましょう。

 

番号振り:

目次に番号を付けるのか設定します。

見やすさを考慮してチェックを入れておきましょう。

 

スムーズ・スクロール効果を有効化:

目次をクリックした時、なめらかなスクロールをするのか

すぐに飛ぶのか選択できます。

 

【外観】

横幅:

目次の幅が選択できます。

 

回り込み:

目次の設置位置が選択できます。

 

文字サイズ:

目次の文字サイズと単位が選択できます。

 

デザイン:

目次のデザインが選択できます。

 

 

上級者向け設定

Table of Contents Plus 06

赤枠の「見出しレベル」を変更していきます。

ここでは目次に使用する見出しレベルの階層の設定をします。

表示させたくない見出しレベルはチェックを外し非表示に

しましょう。

 

分からない場合は

チェックを入れたり外したりと確認しながら設定してください。

 

 

最後に「設定を更新」をクリックし完了です。

 

まとめ

日本語対応で簡単に設置できますね。

読者様も内容を一見して把握できるなど

ユーザビリティの向上に繋がりますのでおススメです。

是非この機会に導入してみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までありがとうございました。

ヒロ

One Response to “おススメ!WordPressプラグイン【Table of Contents Plus】”

  1. 秋山 より:

    ヒロさん、こんばんは!

    こちらのプラグインは先日導入したので、
    お見かけしたときは「おおー」と思いました(*^-^)

    設定方法の解説もあり、
    これから導入される方には大変参考になると思います!

    やっぱり目次があると便利ですよねー

    応援していきます。
    引き続きどうぞよろしくお願いしますー

コメントを残す

サブコンテンツ

ヒロのプロフィール!



2016年9月
サクセスアフィリ塾リーダー

大阪生まれ大阪育ちの会社員アフィリエイターです!

このブログでは、会社員をしながらアフィリエイトで安定して稼ぐ方法を解説しています!

詳しいプロフィールは
こちらからどうぞ!

タグクラウド

このページの先頭へ