おススメ!WordPressプラグイン【WP-Optimize】

blickpixel / Pixabay

blickpixel / Pixabay

WordPressを使用しているとデータベースには、

不要なデータが溜まって行きます。

 

 

サイトの表示速度を低減させる原因ともなりますので

定期的に不要なデータを削除してデータベースを

最適化する必要があります。

 

その際、非常に便利なプラグインが【WP-Optimize】です。

 

 

WP-Optimize

【WP-Optimize】は、データベースの最適化や

不要なデータを削除できるプラグインです。

 

 

WordPressのデータベースを最適化など

何も行わないで使用し続けると

データベースに不要なデータが増えてしまいます。

 

余分なデータの容量が大きくなるとサイトが重たくなり

表示速度を低減させます。

 

以前、解説致しましたが、サイトの表示速度が遅いと

ユーザビリティーの低下につながり、

SEO的にもよくありません。

 

一度設定すると後は、自動で処理が行われるという

非常に優れたプラグインです。

 

不要なデータとは?

 

投稿の古いリビジョンのデータ

投稿の下書きのデータ

スパム判定されたコメントのデータ

未承認コメントのデータ

オプションの一時データ

孤立したポストメタのデータ(カスタムフィールド)

ピンバックのデータ

トラックバックのデータ

 

※リビジョン・・・下書き保存や記事の更新をした時に、

そのひとつ前の状態を保存しておくWordPressの機能の事。

 

 

インストール方法

WordPress管理画面 ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒

【WP-Optimize】で検索

 

 

WP Optimize01

いますぐインストールをクリック。

 

 

WP Optimize02

プラグインを有効化をクリック。

 

 

WP Optimize03

管理画面のWP-Optimizeをクリック。

 

 

WP Optimize04

 

Clean-up options (クリーンアップオプション)

 Clean all post revisions  全ての投稿リビジョンを削除
 Clean all auto draft posts and posts in  trash  全ての自動下書き記事及びゴミ箱の中の記事を削  除
 Remove spam comments and comments i  n trash  ゴミ箱のスパムコメントやコメントを削除
 Remove unapproved comments  未承認のコメントを削除
 Remove transient options  一過性のオプションを削除
 Remove pingbacks  ピングバックを削除
 Remove trackbacks  トラックバックを削除

 

Actions(アクション)

Optimize database tables データベーステーブルを最適化
PROCESS 実行

 

ここで最初のデータベースを最適化するのですが

実行する時は、各項目をよく確認してして下さい。

 

 

自動下書きやゴミ箱の記事を削除したくない場合は、

チェックを外す必要があります。

 

※【自動下書き】と【下書き保存した記事】は違うものなので

【下書き保存した記事】が消えることはありません。

 

 

オプションを選択して最適化を実行する。

 

 

TABLE(テーブル)

 

 

WP Optimize05

 

※Overheadと言う項目が最適化出来る領域です。

最適化出来る領域は、赤字で表示されます。

画面では運用機関の短いテストサーバのデータベースの見本です。

運用機関が長いサイトでは、もっと容量を削減出来ます。

 

 

SETTINGS(設定)

 

 

WP Optimize06

 

General Settings

 

Keep last 2  weeks data:データ保持2週間分)

Enable admin bar link:チェックを入れると管理バーに

WP-Optimizeを表示します。

 

SAVE SETTING(設定を保存)をクリック。

 

Auto Clean-up Settings

 

自動クリーンアップのスケジュールを設定します。

 

Enable scheduled clean-up and

optimization:チェックを入れるとスケジュールが

有効になる。

 

Select schedule type:スケジュールを実行する間隔を

選択します。

These options will only work if the automatic

clean-up schedule has been enabled:

自動クリーンアップで実行するオプションを選択します。

 

 

SAVE AUTO CLEAN-UP SETTING(自動設定を保存)

をクリック。

 

 

 

定期的に不要なデータを削除してデータベースのスリム化に

努めてはいかがでしょう。

 

 

最後までありがとうございました。

 

ヒロ

コメントを残す

サブコンテンツ

ヒロのプロフィール!



2016年9月
サクセスアフィリ塾リーダー

大阪生まれ大阪育ちの会社員アフィリエイターです!

このブログでは、会社員をしながらアフィリエイトで安定して稼ぐ方法を解説しています!

詳しいプロフィールは
こちらからどうぞ!

このページの先頭へ